会長挨拶

     志木市体育協会創立75周年  ~これから又新たなスタート~

 

志木市体育協会 会長 清水 良介

 志木市体育協会は、昭和21年に志紀町体育協会として設立して以来、連盟、団体、関係者の方々に支えられご協力を頂き、今年で75年間の歩みを続けてこられましたことを心から深い敬意と感謝を申し上げますとともに、新たな目標に向かってスタートしました。

 現在、体育協会には、23団体、2,691人が加盟し、様々なスポーツを楽しみ親しんでおります。

 平成31年度(4月)より新たに加入した陸上競技連盟では、いち早く若い優秀な選手の育成に協力し、志木市の

スポーツ推進に尽力しています。又、武道においても子ともたちの活躍はめざましく毎年、志木市体育協会表彰を授与しています。朝霞地区体育協会連合会では、令和元年度より少年少女を対象とした大会も実施しております。

 一方で、昨年はコロナウィルス感染症拡大に伴い、様々な催し物の中止に加え、市民大会もほとんどの連盟が開催を断念せざるをえませんでした。

 変わりつつある生活の中で、健康で明るい活力のある生涯を送る上で、スポーツの役割はとても重要であると思います。

 又、時代は変われど、どんな環境下にあっても、子ども達の可能性を応援し、お年寄りの楽しい人生に寄り添える体育協会でありたいと思っておりますので、今後も皆様のご協力、ご尽力を頂きたくお願い申し上げます。